高年式車 買取

高年式車といえども高額を期待するなら早めの売却が吉


高額狙いは早めの売却で

 

高年式車といえば、
購入からあまり時間の経過していない車のことで、
一般的にはナンバー登録から5年以内ということになります。

 

 

 

そんな新しい車でも
手放さざるを得ないことはあります。

 

 

 

事故を起こして廃車処分にする場合もあれば、
修理可能であっても事故を起こした車には
もう乗りたくないとの思いから処分するという人もいます。

 

 

 

そういうネガティブな理由ではなくても、
たとえば急な転勤で車を処分する必要に迫られたとか、
他にもっと欲しい車ができたとかいう場合もあります。

 

損傷のある車の場合

 

事故などで損傷のある車の場合、
いくら高年式車であっても
査定額は大きく減額されるでしょう。

 

 

 

一般的な買取店では
値段が付かないということも考えられます。

 

 

 

ですから、事故を起こした車であれば、
事故車買取の専門業者などに
査定してもらった方がよいでしょう。

 

 

 

廃車以外にないという場合でも、
廃車処分の手続きを代行してもらえますし、

 

 

 

スクラップにする場合でも使える部品があれば、
それ相応の値段で引き取ってもらえます。

 

 

 

 

もちろん修理すれば乗れるような車であれば、
普通の車より減額されるものの、
高年式車である分、多少は高値で買い取ってもらえるでしょう。

 

 

 

車には異常がなく、
ただ必要に迫られて手放すという場合、
早めの売却が高額査定の近道です。

 

 

 

一般的には購入から3年以内の売却であれば、
新車価格の約5割で買い取ってもらえます。

 

 

 

それを過ぎると値下がり幅が大きくなり、
高年式車といえども5年近く経ったものでは、
新車価格の3割程度に下がってしまうこともあります。

 

 

 

>>>一括査定サイトで3年落ちのアルトの査定額が10万円アップ