高年式車 買取

不具合のある高年式車は査定前に修理しておくべきか

 
不具合は査定前に修理しておくべきか

 

高年式車が高額買取となることが多いのは、
外観・内装含め、総合的に車のコンディションが
新車に近いということで市場価値が高いからですが、

 

 

 

なかには高年式車であっても
不具合がある車もあります。

 

 

 

そういう車を査定に出す時、
不具合を直してから見てもらうべきか
迷うこともあるでしょう。

 

 

 

特にブレーキやエンジンといった駆動部は、
車の部品のなかでももっとも重要な部品ですから、

 

 

 

もしここに不具合があれば
確実にマイナス評価となります。

 

 

 

そのため、修理してから査定してもらった方が、
査定額がアップすると考えるのも当然です。

 

そのまま査定に出す?

 

しかし、実際は、
そのままの状態で査定に出した方がお得なことが
多いと言えます。

 

 

 

買取業者は自社で
最低限のコストで修理が可能ですが、

 

 

 

個人が整備工場などに車の修理を依頼すると、
人件費や諸々の手数料がかかるので
かなりの出費となるものです。

 

 

 

ボディーの微細なキズやへこみの修繕にも
数万円かかることも珍しくなく、

 

 

 

ましてやエンジンなど
車の心臓部を修理するとなると、
車によっては数十万円かかることもあるでしょう。

 

 

 

 

それだけのお金をかけて査定に出しても、
アップする査定額はそれに見合った
金額にはなりません。

 

 

 

よって、 不具合がある場合もそのまま査定に出すのが
一番良いということになりますが、
その際、不具合箇所は正直に申告しましょう。

 

 

 

マイナスとなることを
あえて言いたくない気持ちは当然ですが、

 

 

 

最後まで隠し通すことは不可能なので、
それなら最初に申告した方が
査定がスムーズに進みます。

 

 

 

査定士への心証を良くするという意味でも、
誠実な対応に勝るものはありません。

 

 

 

>>>査定額の額面に惑わされず最終的に手元に残る金額で判断しよう