高年式車 買取

中古車市場における季節による高年式車に対する需要の変化

 
季節による需要の変化

 

高年式車が高く売れるのは、
中古車の査定では年式が重視されるからです。

 

 

 

同じ程度のコンディションの車ならば、
年式は1年でも新しい方が需要があります。

 

 

 

そのため、高額査定を狙うならば、
売却の意思が固まれば、
可能な限り迅速に売ってしまうことです。

 

 

 

どんな車でも年が改まると、
年式は自動的に1年古くなります。

 

 

 

つまり、同じ車であっても、
12月と翌年の1月では年式が1年違います。

 

 

 

ですから、その辺りのタイミングで
車を手放してもよいとなったら、
年内に売ってしまいましょう。

 

 

 

12月はボーナスの時期でもあるので、
中古車は普段よりよく売れますから、
査定額も若干のアップが望めます。

 

 

 

逆に、1月になると年式が古くなるばかりか、
正月明けで中古車市場の動きも活発でなくなるので、
高く買い取りにくいという事情があります。

 

年明けで売却を決めた場合は…

 

年が明けてから売却を決めた場合は、
3月上旬までに売却すると
高く売れる可能性が高まります。

 

 

 

なぜなら、新年度の4月を前に、
新生活に向けて車が必要になる人が増え、
中古車に対する需要が高まるからです。

 

 

 

高年式車ほど需要がありますから、
タイミング的には決算期前に
売るのが望ましいでしょう。

 

 

 

他にも、季節による
需要の変化はあります。

 

 

 

5月の大型連休前や、7月の夏休み前、
9月のシルバーウィーク前など、
休みが続く時期の前には中古車を購入する人が増えます。

 

 

 

 

ただ、高年式車を高く売りたい場合、
あまり時期にこだわり過ぎるのもおすすめできません。

 

 

 

車の価値は新しければ新しいほど高いとみなされるので、
タイミングを計って売り時をずらすのではなく、
思い立ったらすぐに査定してもらうことが高額査定の秘訣です。

 

 

 

>>>過走行の高年式車は海外輸出業者に査定してもらおう