高年式車 買取

過走行の高年式車は海外輸出業者に査定してもらおう

 
海外輸出業者に査定

 

仕事で毎日長距離移動に使っている車の場合、
高年式車でも走行距離がかさんでいることがあります。

 

 

 

中古車の世界では、
1年間で1万キロが標準的な走行距離ですが、
それを超える走行距離の車は過走行車と認識されます。

 

 

 

過走行車とは、
単に長い距離を走っている車という意味ではなく、

 

 

 

年式に比して走行距離が標準以上に超過している
車のことです。

 

 

 

ですから、たとえば、走行距離5万キロの車なら、
生産から5年以上経過した車の場合は
過走行車とはなりません。

 

 

 

しかし、まだ2〜3年しか乗っていないのにもかかわらず、
5万キロも走っているような車の場合、
過走行車とされるのです。

 

 

 

高年式車が中古車市場で評価されるのは、
新しさに価値があるからです。

 

 

 

車の価値は新車時がもっとも高く、
時間を経過するほどに下がっていきます。

 

 

 

だからこそ、同じようなコンディションの車でも、
年式が1年違うだけで査定額が変わる
ということが起こるのです。

 

 

 

そういうわけですから、
たとえ高年式車であっても過走行車であれば、
それだけ酷使していることになるので評価は下がります。

 

海外での認識

 

しかし、海外では、
走行距離に対する感覚が
日本のそれとは異なります。

 

 

 

日本では走行距離10万キロの車といえば、
評価はかなり低いですが、
海外ではまだまだこれから活躍していく車と捉えられます。

 

 

 

よって、過走行車は、
国内市場よりも海外市場の方が高く評価されるのです。

 

 

 

過走行の高年式車を高く売りたい場合、
海外輸出に力を入れている買取業者に査定してもらうのが一番でしょう。

 

 

 

>>>人気車種の高年式車でも業者の事情によって査定額に違いが出る