高年式車 買取

高年式車の査定額をアップさせるための交渉術

 
査定額アップのための交渉術

 

新車に近いコンディションの高年式車であれば、
売却の際はほとんどが高価格になりますが、

 

 

 

さらなる高額査定を求めるには、
複数の買取業者を競合させて
査定額を引き上げることが大切です。

 

 

 

ディーラーの下取り査定で
即決することだけは避けましょう。

 

 

 

複数の買取業者を競合させるといっても、
自分で1店ずつ査定を依頼して回るのはかなりの労力ですが、

 

 

 

今ではインターネット上に一括査定サイトがいくつもあるので、
時間も手間も従来よりかなり軽減されました。

 

一括査定サイトを利用するときのポイント

 

代表的な一括査定サイトには、
かんたん車査定ガイド、カーセンサー、ズバット車買取比較、楽天オート
などが挙げられます。

 

 

 

一つのサイトでは、業者の数が少ないと感じられる場合は、
複数組み合わせて、なるべく査定業者を増やすようにするとよいでしょう。

 

 

 

複数のサイトに申し込むのは面倒ではないかと
考える方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

 

 

申し込み内容はどこも同じようなものですし、
どのサイトも数分で申込完了できるので、
それほどの手間はかかりません。

 

 

 

ただ、査定依頼をかける業者が増えるということは、
連絡してくる業者の数が増えるので、
多くの電話がかかってくるのは確かです。

 

 

 

 

営業電話に対応するのが
いやだという人は注意しましょう。

 

 

 

気に入った業者をいくつかピックアップしたら、
あとは電話口で「もう決まりました」と断るとよいでしょう。

 

 

 

あとは、実際の査定の場で、
他の業者の査定額をちらつかせながらうまく交渉できれば、
査定額アップが望めます。

 

 

 

その際、あまり粘り過ぎても効果はないので、
ある程度のところでスピーディーに決断することも大切です。

 

 

 

>>>高年式車のうちに手放すことで経済的に乗り換えが楽しめる