高年式車 買取

高年式車のうちに手放すことで経済的に乗り換えが楽しめる

 
経済的に乗り換えを楽しむ

 

車好きの人のなかにもさまざまなタイプがあり、
1台の車を大切に10〜20年も乗り続ける人もいれば、
2〜3年周期で次々と乗り換えていく人もいます。

 

 

 

個人の好みの問題なので、
どちらが良いというわけではありませんが、

 

 

 

車を移動手段程度に考えている人にとっては、
次々と乗り換えていくのは
不経済に思えることでしょう。

 

 

 

しかし、実際は新車登録から2〜3年以内の高年式車は、
かなり高額で売却できるので、
経済的にも優しく乗り換えができるのです。

 

 

 

車は、新車購入から3年で1回目の車検を
受けなければなりません。

 

 

 

中古車査定では、
この1回目の車検を受ける前と後で
買取価格が変わってきます。

 

 

 

車検を過ぎた車は、
すなわち3年以上経過している車となりますが、
中古車相場はこの3年をラインとして大きく下降していきます。

 

 

 

一般的には3年落ちの車なら、
新車価格の3割から4割弱といったあたりの金額が
平均的な査定額となります。

 

購入から2年以内の場合

 

ところが、購入から2年以内であれば、
新車価格の5割以上の査定額
付くことも珍しくありません。

 

 

 

車検を受けるにも費用がかかりますし、
日常的な維持コストを考えると、

 

 

 

査定額が高いうちに売却して、
次に乗る車の購入資金にするという方が、
リーズナブルにいろんな車を楽しめると言えるでしょう。

 

 

 

 

また、購入から1年程度の高年式車であれば、
見た目も性能も新車同様なので
リセールバリューは極めて高いです。

 

 

 

私もそうやって、
新車のおよそ8割もの価格
売却できたことがあります。

 

 

 

次々に車を乗り換えているように見えても、
実際はそれほどお金がかかっているわけではないということです。

 

 

 

>>>高年式車を高く売るためには適切な売却先選びが大切