高年式車 買取

高年式車の一括査定で他社の提示額を伝える時の注意点

 
他社の提示額を伝える時の注意点

 

高年式車をできるだけ高く売るためには、
複数の買取業者に査定してもらい、

 

 

 

その見積もり結果を比較して
もっとも条件の良い業者を探す
という方法が一般的になりました。

 

 

というのも、
一括査定サイトが一般のユーザーにも
広く知られるようになったため、

 

 

 

1軒ずつ買取業者を巡って査定を依頼するという、
従来の時間も手間もかかる方法を
採る必要がなくなったからです。

 

 

 

今まで買取業者の言い値で
売却していた車に詳しくない人でも、
簡単に業者の査定額を競合させることができるようになりました。

 

 

 

買取業者としても、一括査定が一般的になったことに対応して、
他社と一緒に同時に査定するのも厭わない
など柔軟な姿勢を見せています。

 

 

 

そのため、
「他にも査定してもらっていることが知られたら気を悪くするのでは」
という心配も杞憂になりました。

 

 

 

「他ではこのぐらいの金額を提示されている」と
ちらつかせて査定額アップを狙うのも、
当然の手法として認知されています。

 

他社の査定額を伝える際のコツ

 

しかし、査定士に
他社の査定額を伝えるにもコツがいります。

 

 

 

まだ、査定が終わってないのに
「あの会社からは○○万円と言われた」
などと言うのはNGです。

 

 

 

 

もし、これから提示しようと思っていた
金額がそれより高かった場合、
その金額に釣られて下げられてしまいかねません。

 

 

 

上手な方法としては、
査定額が提示されるのを待ってから、
「実は他社では…」というふうに切り出すのがよいでしょう。

 

 

 

その際も横柄な態度は
もってのほかで、

 

 

 

「これより高い提示額を他からもらっているのですが、
貴社に売却したいので少し上乗せしてくれませんか」

 

 

 

というように
丁寧にお願いしましょう。

 

 

 

>>>各社一斉の同時査定の入札方式で高額査定を実現